プロポリス特集 -比較と活用術!

メインイメージ

「プロポリスの生産地」

プロポリスは、100%天然成分の抗生物質とも言われています。

こんなにすごいプロポリスはいったいどうやって作られているのでしょうか。

プロポリスは樹木や蜂の種類によって成分が変わります。

ということで、いろいろなプロポリスが採れるのではと考えました。

では、どんな土地でプロポリスができているのでしょうか。
プロポリスは大きく分けるとブラジルタイプとヨーロッパタイプに別れています。

これは成分が大きく異なるためで、ヨーロッパタイプの中にはヨーロッパ産、中国産、ウルグアイ産、アルゼンチン産などで、ブラジルタイプはブラジル産となります。

プロポリスが産地によって成分が違うのはミツバチの種類が違うことと、原料となる樹木や植物の種類が違うことや、ミツバチが収集してくる植物が違うためです。

ブラジルタイプとヨーロッパタイプ

プロポリスは大きく分けるとブラジルタイプとヨーロッパタイプに別れています。

これは成分が大きく異なるためで、ヨーロッパタイプの中にはヨーロッパ産、中国産、ウルグアイ産、アルゼンチン産などで、ブラジルタイプはブラジル産となります。

プロポリスが産地によって成分が違うのはミツバチの種類が違うことと、原料となる樹木や植物の種類が違うことや、ミツバチが収集してくる植物が違うためです。

一般的にヨーロッパタイプのミツバチはセイヨウミツバチと言い、ポプラを好んで集める性質があります。

ブラジルタイプはアフリカミツバチとセイヨウミツバチの混血にあたるアフリカ蜂化ミツバチと言い、バッカリスやドラクンリフォリアという植物や新芽を好んで集めます。

それぞれの特徴

ヨーロッパタイプの特徴は、フラボノイドをはじめ、ポリフェノール類がかなり濃縮されて多く含まれています。

ですので、少量でも、強い抗酸化作用や抗菌、滅菌作用があります。

もし、抗酸化や抗菌、滅菌作用を求めるのであればヨーロッパタイプがお勧めです。

ブラジルタイプの抗酸化作用と比べると倍ほど違いますから。

ブラジルタイプの特徴としては、P-クマール酸誘導体、カフェ酸エステル、テルベン類などの成分が豊富に含まれ、これらの成分はヨーロッパタイプにはほとんど見られない成分です。

これらの有効成分は抗ガン作用や胃の健康維持、生活習慣病の予防などに効果があるとされています。

ブラジルはプロポリス生産の第一人者とも言われており、ブラジル以外では同じブラジルタイプのプロポリスは見られないそうです。

だからと言ってブラジル産が特殊だからブラジル産を使ってみようというものではなく、自分にあったプロポリスを見つけることが大切です。

先ほどもお話しましたが、抗酸化作用、殺菌・滅菌作用を期待しているのであればヨーロッパタイプがいいですし、抗ガン作用や胃の健康維持、生活習慣病に期待しているのであればブラジル産がいいですし、自分の体と相談して決めることが自分に合ったプロポリスを見つける方法だと思いますので、いろいろ見てみてくださいね。

メニュー

コレを使ってみて欲しい!

その他知識解説