プロポリス特集 -比較と活用術!

メインイメージ

「プロポリスで免疫力があがるとどうなる?」

毎年冬になると、いろいろなウィルスが活発に活動し始めます。

特に冬場気をつけないといけないウィルスがインフルエンザです。

インフルエンザはとても強い感染力で、学校や幼稚園、職場などでは、たった一人がインフルエンザになると、一気に拡大します。

免疫力の違い

しかし、インフルエンザで学級閉鎖になっても、かかっていない子供もいます。

職場でも、インフルエンザにならない人がいます。

では、なぜかからない人とかかる人がいるのでしょうか。

これは、免疫力の違いです。

人体には、病原菌やウィルスなどの微生物や異物が進入して来た時に、それらを排除したり、無力化するように体を守るシステムがあります。

これが免疫力で、免疫力が高い人は、病原菌である異物が侵入してきた最初の段階で退治してしまいますので病気にならずに済んでいるのです。

ただ、発病しても人体は病原菌と戦いますので、いつかは異物を胎児するのですが、この時に体力が低下していたり、弱ったりしていると戦いに負けてしまうことがあります。

よく、年配の方がインフルエンザで重病になったり、死亡したりすることがあるのも、免疫力が低下していることが原因です。

このように免疫力は体を守るためにとても必要なもので、低下していると病気にかかりやすくなったり、ガンなどの大病の原因にもなります。

ということは、逆にこの免疫力を高めることができれば、治癒力が増し、病気の治りも早くなりますし、病気を寄せ付けない健康な体にもなるということです。

免疫力を高めるには

プロポリスで免疫力が上がると、健康を手に入れることができるということは、こういうことだったのですね。

どんな病気も免疫力の低下が引き金です。

免疫力を上げることで、小さな病気から、大きな病気まで寄せ付けない体になりますので、免疫力を上げることは自分の命を守ることにもつながりますね。

20代、30代の方は体力もありますが、子供や年配の方は体力も免疫力も弱いので、十分気をつけなければいけません。

20代、30代の方も、体力はあっても免疫力が弱ければ発病しやすくなりますので、働き盛り、遊び盛りの年代の方も、プロポリスを積極的にとる必要があるのではないでしょうか。

プロポリスで免疫力を上げて、健康な毎日を過ごしましょう。

メニュー

コレを使ってみて欲しい!

その他知識解説