プロポリス特集 -比較と活用術!

メインイメージ

「プロポリスは1日どれくらい飲んだらいいの?」

今、とても人気のプロポリスですが、プロポリスは医薬品ではありませんので、1日に何回飲んで、これくらい飲んでくださいという医薬品のような表示はありません。

これは、薬事法で決められたことですので、健康食品であるプロポリスは「用法、容量」を記載してはいけないことになっています。

自分の適量を見つける

では、プロポリスはいったい1日にどれくらい飲めばいいのでしょうか。

プロポリスは健康食品なので1日どれだけという決まりはありませんが、目安はあります。

プロポリスは生産地や抽出方法によって、1粒、または1滴あたりに含まれるエキス量などは一定の基準ではありません。

ということは、品質に差があるので、各メーカーともに、その目安は異なっているのが普通なのです。

どのくらいの量を飲めが良いかは、メーカーが表示している目安を元に摂取するのが確実な量になるのではないでしょうか。

ただし「健康維持」を目的に飲むか、「病気の改善」を目的に飲むかでは、その量も回数も違ってきます。そして個人差もありますので、ここでもまた量も回数も変わってきますね。

一番確実なのは、メーカーが目安として表示している量を基準に飲みながら、自分に合った適量を見つけて行くことが確実なのではないでしょうか。

例えばですが、「1日3粒を1~2袋を目安に」と書かれたあったら、その提示量に従って、まずは飲みます。

ここで体調があんまりよくないなと思えば飲む量を少し増やせばいいのではという感じで、自分の体と相談しながら、自分の適量を見つけてください。

少量から始めてみては

メーカーの書いてある提示量をいきなり飲むのが怖い人は少ない量から始めてもいいですし、薬ではありませんので、飲み方に決まりはありません。

持病などを持っている方は、医師にまず相談していただいて、OKが出たら、いきなり提示量を飲むのではなく、少量から始めるといいと思いますよ。

ただでさえ初めて体に入る物質は体の方がびっくりしていまいますので、持病をもたれている方は、どんな症状がでるのか、どんな風に変わるのか想像もつかないと思います。

ですので、医師のOkが出たら、少しずつ慣らしていく必要がありますね。

私の経験ですが、健康食品の場合、提示量より大目にとった方が、回復や現状維持につながっています。

ここでも注意が必要ですが、少しおかしいなと思えば使用をすぐに中止してお医者さんにまた相談してくださいね。

いっぱい採ったほうがいいと、あんまり採りすぎるのもよくありませんので、一応、最初は容量以内で自分を観察してみることも必要なのではないでしょうか。

メニュー

コレを使ってみて欲しい!

その他知識解説