プロポリス特集 -比較と活用術!

メインイメージ

「プロポリスとハチミツの違い」

プロポリスもハチミツも同じミツバチが作り出すものですが、プロポリス、ハチミツ、ローヤルゼリーを一緒だと思っていませんか?最近は、プロポリスも人気が出てきたので、そんなことを思っている人は少ないかもしれませんが、プロポリスとハチミツの違いを少しだけ説明しておきたいと思います。

ハチミツとは

まず、ハチミツはミツバチが花の蜜を採集して巣の中で加工、貯蔵したもので、自然界で最も甘い蜜と言われるものです。

約8割が糖分で、約2割が水分でできています。

ビタミンとミネラルルなどの栄養素をわずかに含み、味や色はハチミツの原料となる植物で変わってきます。

本来は、ミツバチの食料なのですが、他の生物が採集して食料としていることもあります。

プロポリスとは

そして、プロポリスですが、ミツバチがポプラやユーカリ、柳、松、白樺などの樹液や植物の蜜を集めて自分の唾液と混ぜ合わせて作るネバネバした物質です。

ミツバチが巣の出入り口に塗りつけて、細菌やウィルスの侵入を防いでいることから、天然の抗生物質とも呼ばれています。

また、プロポリスは、人体にとって理想的な免疫活性物質となります。

採集したエキスに混ぜるのは唾液ですが、その中には若いミツバチが盛んに分泌するパロチンというホルモン物質も含まれています。

エキスにパロチンを少量混ぜ、さらにミツバチの体内にある蜜ろうも混ぜ合わせています。

蜜ろうは、巣の建築素材の一つですが、その中に蓄えられた花粉などもその後混ざり、プロポリスが出来上がります。

プロポリスの効果・効能

プロポリスの効果は、ガン、アレルギー体質、口内炎、咽頭炎、内耳炎、気管支炎、膀胱炎、蓄膿症、歯槽膿漏、風邪、インフルエンザ、胃弱、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃ポリープ、糖尿病、胆石、肝炎、B型肝炎、C型肝炎、低血圧、高血圧、不整脈、脳梗塞の後遺症、花粉症、喘息、気管支喘息、冷え性、肩こり、腰痛、生理痛、頭痛、神経痛、歯痛、肺気腫、結核、腎臓病、膀胱ポリープ、前立腺肥大、子宮筋腫、リウマチ、多発性筋炎、パーキンソン病、自律神経失調症、疲労、虚弱体質、不眠、アトピー性皮膚炎、湿疹、蕁麻疹、ヘルペス、水虫、ガンなどなど・・・。

ここには書ききれないくらいの効果効能があります。

本当は医薬品ではないので、効果効能という言葉はふさわしくありませんが、海外では医療薬として使用されていますので、あえて効果効能と書かせていただきました。

ハチミツとプロポリスとでは、雲泥の差です。

プロポリスは人体に欠かせない成分が300種類以上も含まれていますので、是非取り入れたい健康食品ですね。

メニュー

コレを使ってみて欲しい!

その他知識解説