プロポリス特集 -比較と活用術!

メインイメージ

抗菌作用のあるプロポリスは妊娠中授乳中は控えた方がいい

皆さんはプロポリスをご存知でしょうか。

ミツバチが樹脂などから集めて来た物質で、ミツバチの巣を作るために用いられる成分です。

巣を守るために、抗菌消毒作用があり、天然の抗生物質とも言われています。

一つの巣からごくわずかしか採取することができず、貴重な成分と言われています。

私は花粉症とひどい鼻炎で一年中悩まされていたので、いつもプロポリスを摂取していました。

プロポリスは免疫力高め、抗炎症作用効果があるとされています。

口内炎や歯周病にも効果があり、消毒作用があるので、ウィルスが体に入ってくるのを防いでくれます。

アミノ酸、ビタミン、ミネラルが豊富に入っているので、相乗効果で、お肌のアンチエイジング効果なども期待することができます。

まだ研究段階ですが、ブラジル産の成分にはガンに効果がある成分が多く含まれているではないかと言われており、期待されている成分です。

そんなプロポリスを摂取しはじめてから、花粉症がだいぶ改善し、年がら年中鼻炎で苦しむこともなくなりました。

また、風邪をひきにくくなり、毎年かかっていたインフルエンザにもかからなくなりました。

本当にプロポリスのおかげだと思っていました。

ただ、妊娠がわかり、妊娠中、授乳中は摂取は控えていました。

まだ、研究が発達段階で、体への作用がどうなのか、明確な結論がでていない、と聞いたからです。

もしも、お腹の赤ちゃんに悪影響があっては、と思い、その間は産科の先生の処方する漢方薬を飲みました。

授乳中は、体力も必要だったので、プロポリスが恋しくなりましたが、お母さんのとった栄養が赤ちゃんにそのままいってしまうため、我慢しました。

授乳を終えてまた再び摂取するようになって、子供のパワーに圧倒されることなく、より元気に体を動かせるようになったな、と思います。

やはり、私の生活にはプロポリスを欠かすことができません。

子供が大きくなったら、是非すすめたいと思います。

メニュー

コレを使ってみて欲しい!

その他知識解説