プロポリス特集 -比較と活用術!

メインイメージ

プロポリスが辛い痛風患者を救う

痛風は、以前は贅沢病と呼ばれていたものですが、現在飽食の時代と言われている中において、肉類やアルコール類が毎日食卓にのぼることに希少性は無くなり、それによってこの患者は増加していきました。

 具体的に説明をすると、血液中の肉類やアルコール類等を摂取することによって増加する尿酸が、普通であるなら一定量に達すると尿として排出され最適な数値を保っていられるのですが、これが体外に排出されることなく体内に蓄積され続けていくとこの病気が発症し、辛い症状が起こります。

 症状としては足や膝やくるぶし肘などの全身の関節が腫れ上がり、激痛に襲われるのです。

 それではこのようにして痛風を発症してしまった方は、どのように治療していくのでしょう。

 一般的に身体の上記のような変化を感じたら、速やかに内科の医師の元へ駆けつけます。

そして各種の検査が行われ、結果痛風と認定さけると病院において痛みを抑える薬を処方されますが、それだけでは生活習慣病と呼ばれているこの痛風を改善させることはできません。

 故に医師からも食生活の改善や日常生活へ運動を取り入れるなどの、体質改善を要求されます。

 しかし実際必死に食生活の改善や運動を取り入れても、なかなか思うような効果が上がらないのが現状です。

 それでは効果的な改善法は無いのでしょうか。

 それがプロポリスの摂取です。

プロポリスの主な成分フラボノイドが20種類以上も含まれており、それが抗菌作用、抗酸化作用、抗ウイルス作用、抗アレルギー作用まであると言われているのです。

 またプロポリスに含まれるケルセチンには、血圧やコケステロールをコントロールするような身体全体をコントロールする作用もあると言われおり、プロポリスの別名は天然の抗生物質などとも称される程の稀少商品なのです。

 なので摂取すれば痛風に効く上に、薬のような副作用も天然成分なので全く心配いりませんでした。

 私もこのようにして辛い痛風がどんどん改善してきて、嬉しい毎日です。

 さああなたも体質改善のお供にプロポリスも取り入れて、痛みに怯えなくて良い幸せな毎日を手に入れて下さい。

メニュー

コレを使ってみて欲しい!

その他知識解説