プロポリス特集 -比較と活用術!

メインイメージ

「プロポリスとは」

とても栄養価が高く、「天然の抗生物質」と呼ばれるほどのプロポリスですが、プロポリスとはいったいどういうものなのでしょうか。

ローヤルゼリーと勘違いされがちですが、全く違いますので、少し説明したいと思います。

プロポリスの最も重要な役目

プロポリスはミツバチが作り出すもので、ミツバチが作り出すものには、ハチミツや蜜蝋、ローヤルゼリー、花粉などがあります。

その中にプロポリスもあるのですが、ミツバチが作るものにはそれぞれ役目があり、このプロポリスは、巣の修繕や外敵から巣を守るために通り道を狭くしたり、巣の内部の温度を一定に保ったり、巣の中をなめらかにするなど、家で言うとコンクリートでもありじゅうたんでもありといった感じですね。

このポロポリスはどのように作られるかと言いますと、ミツバチが様々な樹木から集めてきた樹脂を唾液とともに噛み続け、ワックス状にしたのがプロポリスの原料となる、「原塊」と呼ばれるものになります。

この原塊を修繕などに使うのですが、実は、このプロポリスにはもっと重要な役目があるのです。

修繕や外敵から守るということも大切な役目ですが、プロポリスの最も重要な役目が「巣の中を無菌状態に保つ」ことです。

樹木には、木自身を守るための抗菌力があり複雑な成分で作られています。

例えばですが、ミツバチの巣に外敵が侵入したとします。ミツバチはおしりの毒針でその外敵を殺していきますが、外敵が大きすぎて巣の外に運び出せないときは、プロポリスで死骸を覆います。

すると、その死骸は腐敗することなくプロポリスの中でミイラ化され、無菌状態を保たれるのです。

あとは、巣の出入り口にプロポリスを塗り、ミツバチ1匹がやっと通過できるトンネルのような通路を作ります。この、長くて狭いトンネルのプロポリスはいつも新鮮な状態が保たれており、外から帰ってきたミツバチが、自分の体とプロポリスが接触することで、外部から持ち帰る有害菌の滅菌を行なう、検問のような役目をしています。

プロポリスは天然の抗生剤

このプロポリスのおかげで、他の生物たちは自分の遺伝子を進化させることで環境の変化を乗り越えてきましたが、ミツバチはプロポリスがあったので自分を変化させなくても乗り越えてこられたと考えられています。

このことから、プロポリスは改良の余地のない完璧なものだったと思われます。

プロポリスの役目など、いろいろな観点からプロポリスには強力な殺菌作用があり、その上、細胞活性化作用もあると言われています。

そして、非常に安全性も高いので、この天然の抗生剤とも言えるプロポリスを私たちも体内に取り込んで、健康に過ごせるようにと昔から重宝されてきました。

メニュー

コレを使ってみて欲しい!

その他知識解説